リースサービス

TOP > リースサービス > リースのメリット

リースのメリット

1. 事務処理の簡素化
固定資産税の申告・納付や動産総合保険の付保はリース会社が行うため、事務処理を簡素化できます。

2. 初期費用が不要
購入する場合と比べ、初期費用が不要となります。

3. 陳腐化リスクを回避
リース期間を耐用年数より短く設定できますので、機器等の陳腐化リスクを回避できます。また、計画的な 機器等の入替が可能になります。

4. 借入枠を維持
金融機関からの借入枠を維持しながら設備投資ができます。また、借入に比べて事務手続きが容易です。

5. 金利変動リスクを回避
リース料はリース期間中一定ですので、金利変動リスクを回避できます。

6. コストの把握が容易
月々の支払いが一定ですので、設備投資に対するコストを正確に把握できます。また、事業計画の立案など が容易になります。

7. 早期に費用化
リース期間定額法により減価償却できますので、耐用年数より短いリース期間を設定した場合、買取にくら べ早期に費用化できます。(所有権移転外リースのみ)

8. 機器等の廃棄
リース会社に機器等を廃棄する義務がありますので、お客様の事務手続きを省略できます。廃棄物処理法な どの環境関連法制に適応した処分を行うだけでなく、お客様のニーズに応じたデータ消去を行います。

レンタル関連資料

ECSでは、お客様への情報提供を目的としてさまざまな資料をご用意しています。
資料請求はお問い合わせフォームからお願いします。

お問い合わせフォーム
資料請求・見積依頼
ECS情報教育通信
ページの先頭へ