私立学校のお客さま

TOP > 私立学校のお客さま

私立学校のお客さま

ECSレンタルはオフバランス化が可能です

 学校法人会計におけるリース取引の会計処理は平成21年4月1日からリース会計基準が適用され、これまでの経費処理から資産計上処理に変更になりました。
  ECSレンタルは、一定期間経過後いつでも解約が可能であるため、ファイナンス・リースには該当せず、これまでどおり経費処理が可能です。よって、経理面では資産計上による基本金繰り入れが不要であり、財務面では補助金が安定的に得られることになります。

リースもお取り扱いいたします

 ECSでは、一般的なファイナンス・リースもお取り扱いしております。レンタルのように経費処理ができず資産計上処理することになりますが、リースでも動産総合保険の付保や固定資産税の申告等を賃貸会社であるECSが行いますので、事務処理の簡素化が図れます。
また、リースを利用することにより金融機関からの借入枠を維持しながら、実質的な資金調達が可能になります。

校務用コンピュータもお取り扱い可能です

 ECSでは、教育用コンピュータのみならず、校務用コンピュータもお取り扱いしています。校務用コンピュータの導入により、校務の効率化はもちろん、情報セキュリティの向上を図ることができます。
ECSのサービス
ECSレンタル
リース
レンタル関連資料

ECSでは、お客様への情報提供を目的としてさまざまな資料をご用意しています。
資料請求はお問い合わせフォームからお願いします。

お問い合わせフォーム
資料請求・見積依頼
ECS情報教育通信
ページの先頭へ